沖縄科学技術大学院大学(OIST)と京都大学大学院医学研究科の共同研究グループは29日、絶食による代謝の活性化を解明したと発表した。飢餓による若返り効果の可能性を示唆するとしている。

絶食による代謝の活性を解明した(左から)OISTの柳田充弘教授と照屋貴之博士(OIST提供)

 研究では、生きている細胞の合成、代謝によって生成される物質「メタボライト」を幅広く計測する機器を用いた。20~30代の男女4人を58時間の絶食状況に置き、絶食開始前と比較したところ、4人ともメタボライトの量が増え、代謝が活性化していることが分かった。そのほか、抗酸化物質の上昇やミトコンドリア活性化なども確認された。

 研究グループの一人、OISTの照屋貴之博士は「老化によって低下する抗酸化活性は絶食中にむしろ活性化することが分かった。代謝の変化を分子的に理解することは、健康寿命を延ばす取り組みに役立つと期待される」とコメントした。

 京大側の研究者は近藤祥司准教授ら。成果は国際学術誌「Scientific Reports」に掲載される。