名護市辺野古の新基地建設を巡り、安倍晋三首相が大浦湾側の軟弱地盤の地盤改良の必要性を認めたことを受け、玉城デニー知事は31日午前、軟弱地盤の存在は県の埋め立て承認撤回の理由の1つとした上で「国が認めたならば、即刻工事を中止し、県との協議に応じるべきだ」と指摘した。