県感染症情報センターは30日、今年第4週(21〜27日)に県内58カ所の定点医療機関から報告のあったインフルエンザ患者は2847人だったと発表した。 1定点当たりでみると49・09人で前週より5・6人少ないが、中部と宮古の両保健所管内では増加し、全保健所管内で定点当たり30人の警報基準値を上回った。