沖縄科学技術大学院大学(OIST)と京都大学大学院医学研究科の共同研究グループは29日、絶食による代謝の活性化を解明したと発表した。飢餓による若返り効果の可能性を示唆するとしている。 研究では、生きている細胞の合成、代謝によって生成される物質「メタボライト」を幅広く計測する機器を用いた。