運転手のいないバスやタクシーが乗客を乗せて市街地や海岸線を走る。自動車が自ら周囲の状況を判断して自動で速度を調整し、車間距離を一定に保つ。ハンドルを握ることもなければブレーキを踏むこともない。アニメやSF映画のような未来の交通の実現に向けて第一交通産業(北九州市)が県内で挑戦をしている。