政府と県が約束した米軍普天間飛行場の「5年以内の運用停止」期限が来月末に迫った。政府は県が名護市辺野古の新基地建設に反対していることを理由に「実現は難しくなっている」としており、事実上断念した。一方的に政府が辺野古をリンクさせる中、普天間の危険性除去は置き去りの状態が続く。