【名護】1964年オリンピック東京大会の聖火隊が市嘉陽に宿泊した際の写真や関連資料などを展示した「久志村嘉陽聖火宿泊記念メモリー展」が21日、名護市大浦のわんさか大浦パークで始まった。23日まで。まちなか美術館事業実行委員会や市などが主催し、久志支部体育協会が協力した。