沖縄タイムス+プラス ニュース

高校野球県春季大会:積極打線と粘投実る

2014年3月22日 07:15

 豊見城南は初回、先頭の安谷屋正孝が右越え三塁打で出塁し、続く新城泰史がスクイズで先制点を挙げた。「先に点を取って逃げ切る理想的なゲームだった」と照屋圭二郎監督。五回には4番上原安貴が左越え適時打を放つなどし、3-0とリードを広げた。

 

野球・ゴルフ・サッカー・バスケ・・・プロからアマまでスポーツ全記事、読み放題! >>「沖縄タイムス+プラス スポーツ」

前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
きょうのお天気