首里城開園から26年、謎のベールに包まれた琉球王家のプライベート空間「御内原(おうちばら)」エリアが2月1日、ついに一般公開されます。王族以外の男子禁制、王妃や女官たちが生活していたという首里城の大奥のような「御内原」へ、皆さんより一足先にマンガ家大城さとしが潜入。御内原をはじめ、「東のアザナ」や「美福門」など、同時に公開される城内の新スポットを紹介します。華やかなりし王朝時代へ、いざタイムスリップ!(企画・制作 沖縄タイムス社営業局)