日台漁業協定をめぐり台湾側が主張する境界線から南に張り出した八重山北方の一部水域について、はえ縄を入れる時間帯と引き揚げる時間帯を交替制にすることで日台の漁業者が共存した形での漁を可能とする操業ルールに合意していたことが分かった。