沖縄タイムス+プラス ニュース

嘉手納所属のF15、普天間に着陸 目的地変更か

2019年2月1日 09:15

 米空軍嘉手納基地所属F15戦闘機2機が31日午後3時10分ごろ、普天間飛行場に相次いで着陸した。沖縄防衛局は「飛来目的は不明」としている。

米軍普天間飛行場に着陸した嘉手納基地所属のF15戦闘機2機=31日午後4時47分、宜野湾市

 嘉手納基地では同じ時間帯に外来機のU2偵察機が着陸し、滑走路上に滞在していた。

 嘉手納基地は今年に入り北滑走路の長期閉鎖で南滑走路1本で運用しており、何らかの理由で2機が着陸できず、普天間に目的地変更(ダイバート)した可能性もある。2機は31日午後8時半現在、普天間にとどまっている。

 米ハワイに訓練移動していた嘉手納所属のF15戦闘機全6機も同日、嘉手納に帰還した。U2は米太平洋空軍の在韓米軍烏山(オサン)基地に配備されている。

「沖縄の基地問題」もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

 「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

 住宅の上を飛ばないで…「これってそんなに難しいお願い?」

 基地維持に「沖縄差別」を利用する米国 日本人の沈黙が支える過重負担

購読者プラン/デジタル購読者プランの会員なら、電子新聞も有料記事も読み放題! 


これってホント!? 誤解だらけの沖縄基地
沖縄タイムス社編集局編
高文研
売り上げランキング: 24,236
前の記事へ 次の記事へ
連載・コラム
きょうのお天気
アクセスランキング