沖縄県酒造協同組合(大城勤理事長)は1日、読売巨人軍の那覇キャンプを記念した泡盛「ジャイアンツ2019」を県内で発売する。那覇市内を中心に、空港などの土産品店や量販店、わしたショップなどで販売する。同組合のホームページからも注文できる。キャンプ期間中の13~28日はセルラースタジアム那覇でも販売する。

読売巨人軍の那覇キャンプを記念した泡盛のボトルをPRする県酒造協働組合の高良営業部長(右)と與那覇博次営業課長=沖縄タイムス社

 アルコール分30度、720ミリリットル入りで1150円(税込み)。那覇市内の複数の蔵元の一般酒をブレンドした。外箱やボトルに、エイサーをする読売ジャイアンツのマスコットキャラクター「ジャビット」をあしらった。

 同組合は、巨人の那覇キャンプが始まった当初から記念ボトルを販売しており、取り組みは9年目。高良亨営業部長らは1月31日、沖縄タイムス社を訪れ「観光客はもちろん、地元のファンにも味わってほしい」とPRした。

 問い合わせは同組合、電話098(868)1470。