9秒でまるわかり!

  • 沖縄銀行が同性パートナー向け住宅ローンを開始。団信にも入れる
  • パートナーシップ証明書や公正証書を求めないのは全国的に珍しい
  • 沖銀「性別・性的指向にかかわらず、誰もが住みやすい地域社会に」

 沖縄銀行(山城正保頭取)は30日、同性パートナー向けの住宅ローンを始めた。借り入れの際の連帯債務者や連帯保証人に、婚姻関係のない同性パートナーを含める。パートナーシップ証明書や公正証書がなくても、運転免許証などの本人確認書類と住民票により同居の事実を説明できれば利用できる。