胃心地いいね

替え玉できる沖縄そば! 丸麺と平麺を楽しもう 金武町金武「並松(なんまつ)そば」

2019年2月2日 07:30

 豚とかつお節、昆布でとったあっさりしただし。味の染みたソーキや三枚肉は別皿で出てくる。シンプルな見た目と味付けに、うんうんとうなずきながら箸が進む。「『これだ!』と言うこだわりはないけど、誰もがおいしく食べられる味を目指している」と店主の与那城秋男さん(52)。薬味のおろしショウガを加えれば、ぽかぽかしてきて、この季節にぴったりだ。麺を食べ終えるタイミングで「替え玉もできるよ。平麺で食べてみる?」と声を掛けられた。

シンプルな味わいの並松そば

特々々サイズの器を持ち、「ぺろっと食べる人が多い」と話す与那城秋男さん

「並松そば」の場所

シンプルな味わいの並松そば 特々々サイズの器を持ち、「ぺろっと食べる人が多い」と話す与那城秋男さん 「並松そば」の場所

 並松そばで目を引くのが、ミニ(100グラム)から特々々(600グラム)までの7段階のサイズと替え玉。「自分がよく食べるので、量もいつしか多めになった」と笑う。麺は名護そばの丸麺と平麺が選べ「両方食べてほしいので、替え玉がお薦め」。与那城さんは東京のそば屋で約20年修行を積んでおり、ざるそば(600円)や豚セイロ(750円)など日本そばもメニューに並ぶ。夏場にざるそばや冷やしとろろそば(650円)がよく出るという。

 2000年に沖縄へ戻って恩納村の食堂で働き、初めて沖縄そばのだしやソーキ、三枚肉の作り方を学んだ。「和そばと異なるので、食べ歩きで勉強した」と振り返る。その過程で自分の味を求めるようになり、11年に開業。店名は「60、70年前のこの辺は松並木で、並松(なんまつ)と呼ばれていた」と父が付けた。沖縄そばと日本そば、沖縄そばのアレンジメニューも並ぶ。「店を構えて、より真剣にそばと向き合うようになった」と与那城さん。地元の人も観光客も楽しめる「そば」を目指す日々は続く。(北部報道部・村井規儀)

 【お店データ】金武町字金武6003。営業時間は午前11時~午後3時。火曜定休。30席。駐車場は4台。電話090(9785)3198。

 

  連載「胃心地いいね」の記事をまとめたグルメサイトの試験版がこのほど、開設された。サイト名は「Dikitoon.com(ディキトーン・ドット・コム )」。2003年の企画開始からの過去記事のうち約250件を掲載。地図検索もでき、現在地から近い飲食店も探せる。利用者の反応を見ながら、改善を続け、完成を目指す。アドレスは https://www.dikitoon.com/

前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
きょうのお天気
沖縄タイムスのイチオシ
クラウドファンディング「Link-U」
クラウドファンディング「Link-U」
あなたの夢や想いを実現するために、あなたと一緒に挑戦します。
求む!やちむんを救って頂ける方〜コロナで大打撃の沖縄の陶器『やちむん』の行き先を探してます〜
求む!やちむんを救って頂ける方〜コロナで大打撃の沖縄の陶器『やちむん』の行き先を探してます〜
「Link-U(リンクユー)」を通して壺屋陶器事業協同組合(島袋常秀理事長)の陶器販売を支援
那覇市久茂地にコワーキングオフィスhowlive誕生!
那覇市久茂地にコワーキングオフィスhowlive誕生!
howliveは沖縄タイムスが運営するシェアオフィス、コワーキングプレイス。抜群の立地と美しいデザイン、豊富な設備が特徴です。
求人情報サイト「ジョブカロリ」
求人情報サイト「ジョブカロリ」
お祝い金がもらえる成果報酬型人財マッチングサービスです。
新聞記者の取材によるグルメサイト
新聞記者の取材によるグルメサイト
沖縄タイムスの取材による豊富なグルメ記事を掲載。マップから近くのお店を検索できます。参加飲食店募集中!
新聞配達員募集
新聞配達員募集
お住いの地域周辺で、空いている時間を活用して働いてみませんか?
沖縄タイムス社 採用情報
沖縄タイムス社 採用情報
定期採用試験6月26日締め切り。応募要項はこちら。
「この本を読みましょう」おすすめ図書
「この本を読みましょう」おすすめ図書
大手6出版社のおすすめ図書を紹介。県内書店でぜひ手に取ってみてください。
沖縄こども未来プロジェクト
沖縄こども未来プロジェクト
企業や個人のサポーターの皆様から頂いた支援金で、子どもたちの夢を後押ししています。