県空手道連合会設立25周年記念プレ企画シンポジウムが22日、浦添市内であり、県文化観光スポーツ部の湧川盛順部長らが今後の沖縄伝統空手の展望について議論した。  湧川部長は「沖縄伝統空手の振興」と題して講演。2015年度に完成予定の空手道会館を軸とした沖縄伝統空手の振興策などについて説明した。