自民党県連は22日の常任総務会で、空席となっている会長を西銘恒三郎衆院議員とする役員人事案を決定した。副会長には会長経験者の具志孝助氏、新垣哲司氏、翁長政俊氏の県議3氏が就任する。副会長が複数選任されるのは異例。人事案は29日の県連大会で正式に決定する。