名護市辺野古の新基地建設の賛否を問う県民投票を巡り、条例改正を全会一致にできなかった責任を取り自民党県連会長を辞任する意向を示した照屋守之氏の取り扱いが保留となっている。