がんの発症や進行に関わる遺伝子を特定し、治療法の選択に役立てるがんゲノム医療の相談外来が今月、沖縄県内で初めて琉球大学医学部付属病院内に開設される。ゲノム医療は厚生労働省が推進するがん対策の一つで、再発や難治性のがん患者に個々の体調や病状に合った効果的な治療薬を提示できる可能性がある。

この記事は会員限定です。
しまパス会員(無料)に登録すると、続きをお読み頂けます。