沖縄タイムス+プラス プレミアム

沖縄県民投票:普天間固定化を懸念 宜野湾市議会・与党になお不満

2019年2月2日 13:35

 【宜野湾】米軍普天間飛行場を抱える地元宜野湾市の松川正則市長は県民投票への参加を決断したものの、実施表明の会見で「普天間飛行場の固定化につながる懸念は大きく残っている」と強調した。関連予算を2度否決した与党市議の一部でも、懸念が放置されたままの投票実施に、依然として不満がくすぶる。

前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
きょうのお天気