沖縄タイムス+プラス ニュース

自民沖縄県連の照屋会長、辞任へ 県民投票の全会一致できず

2019年2月2日 12:21

 沖縄県名護市辺野古の新基地建設の賛否を問う県民投票を巡り、県議会の条例改正案を全会一致にできなかった責任を取り県連会長を辞任する意向を表明していた照屋守之氏に関し、自民党県連は2日午前の役員会で辞任を認めることを決めた。

照屋守之氏

 提出されていた辞任届も受理した。近く常任総務会を開き、正式に辞任を決定する。役員会の決定は照屋氏本人にも伝えた。

 照屋氏は24日の各派代表者会で議長提案の3択案に全会一致で可決することに合意した。しかし、自民会派内から異論が噴出し、29日の本会議採決で会派内から5人の反対者が出た。照屋氏は本会議後、「全会一致にすることができなかったことに深く責任を感じている」と述べ、県連へ辞任届を提出していた。

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム

注目トピックス

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS