関東王者の白鷗大足利(栃木)のエース比嘉新(嘉数中出)が8安打を浴びながらも東陵打線を1点に抑え、完投でチームをセンバツ初勝利に導いた。  「持ち味の粘りと低めを意識して投げられたのが大きかった」と、120キロ台の速球と変化球で打たせて取った。