本土の狂言と沖縄の狂言(チョウギン)が共演する「狂言と狂言(チョウギン)」(主催・うちなーチョーギナー会、共催・沖縄タイムス社)公演が2日、那覇市の桜坂劇場であった。沖縄の伝統芸能実演家と京都の茂山狂言会のメンバーが舞踊や狂言で共演しながら、鍛え上げられた技芸を披露した。

狂言「仁王」では組踊の登場人物が出演し、ユーモアを交えた唱えで笑いを誘った=2日、那覇市・桜坂劇場

狂言「仁王」では組踊の登場人物が出演し、ユーモアを交えた唱えで笑いを誘った=2日、那覇市・桜坂劇場

 異なるジャンルの芸能の交流を通して、双方が伝えてきた「狂言」の普及や継承をはかる企画。沖縄から宮城竹茂さん、島袋光尋さん、佐辺良和さん、川満香多さん、田口博章さんらが出演した。

 狂言の作品「仁王」では無一文になったばくち打ちが仁王に化け、供え物をだまし取ろうと企てる。参詣者として高平良御鎖や阿麻和利、宿の女ら沖縄の「組踊」の登場人物が次々出演。ユーモアを交えた唱えと演技で観客を笑わせた。

 茂山狂言会の茂山逸平さんは「おかしな人が出演し、大きな声を出すのが狂言。たくさんの人に楽しんでほしい」と期待した。