防衛省や依頼を受けた港運業者が沖縄港運協会に事前協議の申請をしないまま、2日に中城湾港で自衛隊車両約200台の積み込みや積み降ろしをしたとして、沖縄地区港湾労働組合協議会は4日から無期限の抗議ストライキに入ることを明らかにした。「事前協議制度の崩壊を招く事態。港湾運送秩序の維持ができなくなる」と話している。

 同協議会は(1)沖縄港運協会に事前協議の申請もなく入港したこと(2)港運関係者の安全を守るための「SOLAS条約」を理由に、県が港湾労働者の港湾立ち入りを制限したことなどに抗議し、ストライキを決めた。