【竹富】過去に例のない市町村への「是正要求」を出した文部科学省に、竹富町教育委員会は24日、あらためて「ノー」を突き返した。政権交代直後から保守色の強い育鵬社版の中学公民教科書を採択するよう迫られる中、教育委員は正当性を主張。住民からは「町教委の支援運動を広げる」との声が上がった。