【浦添】県内最大規模のウオーキングイベント「第18回うらそえツーデーマーチ てだこウォーク」(主催・同実行委員会、浦添市、市教育委員会、共催・沖縄タイムス社など)は最終日の3日、3~20キロの4コースに2585人が参加した。ぽかぽか陽気の中、参加者はそれぞれのペースで浦添の景色を楽しみながら歩いた。

晴れた空の下で、笑顔で歩く参加者=3日、浦添市・てだこ広場

 友人同士で10キロコースに参加した辺土名勇鷹さん(12)と高山朝生さん(12)は「急な階段があってきつかったけど、上った後の景色がきれいだった。めちゃ楽しかった」と声をそろえた。

 富山県から初めて参加し、2日間歩いた松井敏夫さん(79)は「相当暑くて、無理をしないように歩いた。景色が良かった」と話した。

 同イベントは2日から2日間行われ、サンセットウォークや歩婚などの関連イベントも含めた参加者総数は7505人だった。