神奈川県弁護士会(芳野直子会長)は3日までに、名護市辺野古沿岸部への土砂投入中止と新基地建設の見直しを求める会長声明を出した。 声明では、県の埋め立て承認撤回に対し、沖縄防衛局が行政不服審査法に基づき私人の立場で執行停止を申し立てたことなどを批判。