名護市辺野古の新基地建設を巡り、沖縄防衛局は1日、埋め立て区域に投入している土砂の性状について疑義があるとして、県が明確に説明するよう再度求めていた行政文書に対し「その(試験)結果や立ち会いなどで確認されており問題はない」と回答した。一方、県関係者は「明確な答えになっていない」と批判した。