底なしの様相を見せる「統計不正」。巨大官庁のガバナンス不全は目を覆うばかりだ。  「毎月勤労統計」に続いて不正が発覚した「賃金構造基本統計」を巡り、厚生労働省が隠蔽(いんぺい)を認める会見を行った。