底なしの様相を見せる「統計不正」。巨大官庁のガバナンス不全は目を覆うばかりだ。 「毎月勤労統計」に続いて不正が発覚した「賃金構造基本統計」を巡り、厚生労働省が隠蔽(いんぺい)を認める会見を行った。 担当室長が「郵送調査」は不正だと認識しながら、総務省の一斉点検に際し「報告しない」判断をしたという。