名護市辺野古の新基地建設の賛否を問う県民投票を巡り、自民党県連は2日の役員会で照屋守之会長の辞職願を了承し、今週にも常任総務会で正式決定する運びとなった。ところが、照屋氏は辞意を撤回する方針に転換し、県連内の混乱は必至の様相を呈してきた。