2010年に文部科学省が作成した「生徒指導提要」には、児童虐待への対応がまとめられている。教職員や児童福祉施設の職員は、虐待の早期発見と通告の義務を負っていること、公務員の守秘義務よりも通告を優先すべきだという、児童虐待防止法についても明記している。