米軍普天間飛行場の辺野古移設を巡る県民投票が今月24日、県内のすべての市町村で実施されることが決まった。 不参加を表明していた沖縄、宜野湾、石垣、うるま、宮古島の5市の市長が相次いで実施の意向を表明した。 これでようやく全41市町村の足並みがそろったことになる。土壇場の歩み寄りを歓迎したい。