沖縄タイムス紙面掲載記事

大浦湾 砂杭計6万本/政府、再検討で増加/新基地 軟弱地盤改良2工法

2019年2月2日 05:00

 名護市辺野古の新基地建設を巡り、政府が検討する大浦湾側の軟弱地盤周辺の地盤改良のため地盤に打ち込む砂の杭(くい)が、護岸と埋め立て部分の改良で合計約6万本となることが1日、分かった。埋め立ての長期化に加え、専門家からは、環境保全に対し懸念の声も上がっている。

前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
きょうのお天気
アクセスランキング