県議会が議員提案条例として制定を目指す「県不発弾等対策に関する条例(仮称)」の素案が25日、明らかになった。県内に推定で約2100トンが埋没している不発弾の処理を促進するために県や県民の役割を定義。