【平安名純代・米国特約記者】米太平洋軍のロックリア司令官は25日、上院軍事委員会の公聴会で証言し、名護市辺野古に予定されている代替施設の建設期間について、「(10年より)早いかもしれない。とくに日本政府内に早い完成への期待がある」と述べた。