沖縄タイムス+プラス プレミアム

「民意」実現へ〜住民投票の現場から(24)1996年県民投票 基地動く 運動の機運

2019年2月5日 05:00

 「反戦・平和運動は現地闘争という直接行動の強化も当然重要だが、県民と共感、共有しやすい取り組みも必要だ」 1996年、米軍基地の整理縮小と日米地位協定の見直しの賛否を問う県民投票実施のための署名を集め、県に条例制定を請求した連合沖縄の当時会長だった渡久地政弘さん(80)はこう強調する。

「県民投票」これまでの記事一覧


「沖縄の基地問題」もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

 「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

 住宅の上を飛ばないで…「これってそんなに難しいお願い?」

 基地維持に「沖縄差別」を利用する米国 日本人の沈黙が支える過重負担

購読者プラン/デジタル購読者プランの会員なら、電子新聞も有料記事も読み放題! 


これってホント!? 誤解だらけの沖縄基地
沖縄タイムス社編集局編
高文研
売り上げランキング: 24,236
前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
きょうのお天気
アクセスランキング
ニュース 解説・コラム
24時間 1週間