【東京】名護市辺野古の新基地建設に伴う大浦湾の地盤改良工事で、政府が6万本の砂の杭(くい)を打ち込むなどの工法を検討している件で、岩屋毅防衛相は5日の衆院予算委員会で「この段階で決まっているわけではない」と述べるにとどめ、明らかにしなかった。