沖縄タイムス+プラス プレミアム

外来機「重大事故恐れ」「嘉手納の運用過密」 U2トラブルに怒る地元首長

2019年2月6日 12:03有料

 在韓米軍烏山(オサン)基地配備のU2偵察機が、補助輪を外さず民間地域上空を飛行するという重大事故になりかねない事態。外来機の飛来増加による負担増を訴える沖縄市と嘉手納町、北谷町でつくる「嘉手納飛行場に関する三市町連絡協議会」(三連協)の首長は一斉に抗議の声を上げた。

もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

沖縄の米軍基地の集団感染 発端は米本土部隊から

報告書から異例の「辺野古」削除 海兵隊の沖縄への強いこだわり

「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

月額550円で有料記事が月100本読み放題の「ライトプラン」もございます。 

 
前の記事へ 次の記事へ
連載・コラム
きょうのお天気
アクセスランキング
ニュース 解説・コラム
24時間 1週間