沖縄タイムス+プラス プレミアム

相次ぐ外来機、パラシュート降下訓練、オスプレイ、U2… 嘉手納基地「三連協」が対応協議

2019年2月6日 10:57有料

 【中部】沖縄市、嘉手納町、北谷町でつくる「嘉手納飛行場に関する三市町連絡協議会(三連協)」は5日、米空軍の輸送機CV22オスプレイの飛来を受けて緊急の幹事会を開いた。相次ぐ外来機飛来などの課題が山積する中で、この日はU2偵察機が補助輪を付けたまま飛行したことが新たに発覚。

もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

沖縄の米軍基地の集団感染 発端は米本土部隊から

報告書から異例の「辺野古」削除 海兵隊の沖縄への強いこだわり

「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

月額550円で有料記事が月100本読み放題の「ライトプラン」もございます。 

 
連載・コラム
きょうのお天気