沖縄県名護市辺野古への新基地建設に反対する市民ら約130人が6日午前、同市安和の琉球セメント桟橋前や桟橋付近の海上で、工事や埋め立ての中止を求めて抗議した。

土砂を積んだダンプカーに埋め立て反対を訴える市民たち=6日、名護市安和

 市民によると、午前7時半ごろから正午までに、ダンプカー214台が土砂を搬入した。市民たちは桟橋の入り口と出口付近で「美ら海を壊すな。平和を守れ。サンゴを守れ」などと声を上げた。海上ではカヌー16艇が工事反対を訴えた。