日本航空(JAL)グループは12日から、那覇空港の国内線で「スクリーニング・システム」を導入する。手荷物を預ける際にX線検査を受けることなく、搭乗手続きができる。