沖縄県辺野古新基地建設の賛否を問う県民投票を前に名桜大学の学生らが6日、名護高校前で高校生を対象とした模擬投票を実施した。高校生54人が3択の回答ボードにシールを貼った。「賛成」が6人、「反対」が41人、「どちらでもない」が7人だった。

この記事は会員限定です。
しまパス会員(無料)に登録すると、続きをお読み頂けます。