帝国データバンク沖縄支店は6日、景気見通しに対する沖縄県内企業の意識調査(50社回答)を発表した。2019年の景気について「悪化局面を迎える」との回答が前回調査から16・1ポイント上昇の20・0%となり、消費増税や人手不足の影響を懸念する声が目立った。同支店は「先行きへの厳しい見方が強まっている。