沖縄県内で不動産開発などを手掛けるワイズグループのエールクリエイト(那覇市)とY&Gコーポレイション(同)は6日、那覇市小禄に新しく分譲ホテル「ワイズイン那覇小禄駅前」を建設すると発表した。同グループが分譲ホテルを手掛けるのは初めて。完成は2020年5月を予定している。

 ホテルは地上10階建てで、客室数は85室。敷地面積は658・5平方メートル、延べ床面積は2698・79平方メートルとなっている。客室はエールクリエイトが今年3月下旬から販売予定。運営はY&Gコーポレイションが担う。

 同ホテルは分譲マンションのようにホテルの客室を販売し、オーナーが利用しない期間をホテルとして提供。利益の一部をオーナーに還元する。

 客室はツインタイプで、ビジネス客や国内外の観光客をターゲットにしている。1階には飲食店が入るほか、ランドリーや屋外駐車場も完備している。分譲価格や1室当たりの宿泊料金は未定。

 問い合わせは同社、電話(0120)292961。