親の過剰な期待と束縛、理不尽なバッシング、ほれ抜いた男からの裏切り。これでもかと襲ってくる不幸に、マリアはいつも毅然(きぜん)と言い放つ。「私は大丈夫!」と。

「私は、マリア・カラス」

 「大丈夫な訳がない」と叫ぶのはマリアが受けた仕打ちの1つも経験した事のある女たちだろうか。

 誰もが知るオペラ界の歌姫は、その唯一無二の歌唱力とエキゾチックな美貌で一世を風靡(ふうび)する。

 妥協を許さない歌う事への姿勢は時にあつれきも生むが、誰もがカリスマと認めた伝説の人。「歌が私の唯一の言語」と言い切り、女としての幸せに手が届かない悲哀をも全て歌に込めてすごみを見せる。最後まで自分を貫き、自分の人生を貫いた一人の歌姫に大きな勇気をもらうのは、今まさに傷ついている女たちだろう。(スターシアターズ・榮慶子)

パレットで上映中