県警が2018年に児童相談所(児相)へ通告した419件756人のうち、約6割に当たる435人は子どもの前で配偶者に暴力を振るう心理的虐待の一つ「面前DV」だった。夫婦げんかの通報から、面前DVが発覚したこともあったという。