沖縄タイムス紙面掲載記事

辺野古の問題は中立 親の負担を減らせた/就任1年 渡具知名護市長に聞く

2019年2月8日 05:00

 【名護】渡具知武豊名護市長は8日、就任から1年を迎える。同市辺野古の新基地建設に反対を貫いた稲嶺進前市政とは違い、渡具知氏はこれまで新基地への賛否を明確にしていない。一方、米軍再編交付金を財源に給食費や保育料の無償化など子育て支援策を進めている姿勢には野党から「事実上の基地容認だ」との批判も集まる。

 
前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
きょうのお天気