高校野球の第61回県春季大会第8日は30日、沖縄セルラースタジアム那覇ほかで準々決勝4試合を行い、糸満、宜野座、石川、コザが準決勝に進んだ。  糸満は三回、1番神谷大雅のソロ本塁打で先制。エース赤嶺祥吾が読谷を完封し、1-0で3年ぶり14度目の4強入りを果たした。