沖縄美ら海水族館で水深247メートル以上の深海底に生息する「シンカイサンゴガニ」の展示が始まっている。2月末まで。

シンカイサンゴガニ(沖縄美ら海水族館提供)

 同水族館によると同種の展示は世界初。「深海の小さな生き物」コーナーで見ることができる。同水族館が1月10日、深海生物調査で伊江島沖の水深320メートル付近で採集した。甲羅は幅5ミリほど。2009年にも同水族館が採集し新種登録されている。