沖縄タイムス+プラス ニュース

辺野古埋め立て、維新が「反対」に言及 県民投票シンポ 自公は参加せず

2019年2月10日 12:54

 「『辺野古』県民投票の会」(元山仁士郎代表)は9日、宜野湾市の沖縄国際大学で県議会各会派の代表者を招いたシンポジウムを開いた。24日の県民投票で問われる名護市辺野古の新基地建設に必要な辺野古沖の埋め立てについて、全6会派のうち参加した県政与党の社民・社大・結、おきなわ、共産に加え、中立の維新は初めて「反対」に言及した。若者や学生とのパネルディスカッションでは、若者らが県民投票の意義や、結果を受けて政治家はどう行動するのかなど質問した。

県民投票について、県議会各会派の代表(手前)と意見を交わす大学生や若者ら=9日、宜野湾市・沖縄国際大学(古謝克公撮影)

 不参加の自民は「日程調整がつかなかった」、公明は「全県実施が決まり、後は静かに見守る」とした。沖縄防衛局にも出席を依頼したが、「地方公共団体における条例に基づき実施されることを踏まえ、参加は差し控える」として見送った。シンポは沖縄タイムスが共催。主催者発表で約100人が参加した。

 維新の大城憲幸氏は「(埋め立てに)反対」とし、辺野古の滑走路が普天間飛行場の約半分で「中途半端。妥協の産物だ」と指摘。「合理性がない。税金を1兆~2兆円も使い、国民に説明も付かない」と述べた。

 社民・社大・結の宮城一郎氏は、普天間飛行場周辺の騒音や事故に加え、「『基地のそばに住んでいるんだから甘んじて受けろ』と言われる差別を名護、辺野古に押し付けるのは耐えられない」と訴えた。

 おきなわの新垣清涼氏は「これ以上沖縄に基地をどうして押し付けるのか」と過重な基地負担を批判。辺野古の海は観光拠点になるとし、「県民運動をもっと盛り上げて新基地建設を止めていきたい」と述べた。

 共産の渡久地修氏は、辺野古の新基地建設について、海兵隊が持つ全ての機能が一つにまとまった強大な新基地になると危惧。「絶対反対だ。県民と力を合わせて、断念させる」と力を込めた。

前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
注目トピックス
今日もガッツリ!運転手メシ「お肉の名店」特集
今日もガッツリ!運転手メシ「お肉の名店」特集
運転手メシ特別企画「お肉の名店」特集です。夏こそ!ガッツリ!食べて!元気チャージ!!
高校野球
高校野球
第101回全国高等学校野球選手権沖縄大会(6月22日~)の全試合をイニング速報します。
大久保寛司が語る人と経営みらい塾
大久保寛司が語る人と経営みらい塾
お陰様で11周年目を迎えます。 今年も受講生が期待できるテーマを準備して引き続き開催致します。
LINE@公式アカウント紹介企画
LINE@公式アカウント紹介企画
企業や団体の「LINE@」を紹介! 友だち追加でお得な情報やクーポンをゲットしよう!!
しまくとぅば広告
しまくとぅば広告
消滅の危機にある「しまくとぅば」をもっと使おう!
週刊沖縄空手が読み放題
週刊沖縄空手が読み放題
空手発祥の地・沖縄から毎週発信! 電子版で「週刊沖縄空手」が世界のどこでも読めます。
今日もがっつり!運転手メシ
今日もがっつり!運転手メシ
沖縄タイムスの運転手がつづるグルメブログ。「安い」「おいしい」「腹いっぱい」の食堂や総菜屋さんを紹介します。
マンガ家大城さとしが行く!沖縄のじょ~と~企業探訪
マンガ家大城さとしが行く!沖縄のじょ~と~企業探訪
おばあタイムスでおなじみのマンガ家・大城さとしさんが長編マンガで沖縄の企業を紹介するシリーズ企画です。
命ぐすい 耳ぐすい
命ぐすい 耳ぐすい
沖縄県医師会の各分野の医師による医療・健康に関するコラム
アクロス沖縄
アクロス沖縄
東京発 各分野で活躍する情熱県人らを紹介
ワールド通信員ネット
ワールド通信員ネット
世界各国の沖縄県系人の話題を中心に、海外通信員が各地のニュースをお届けします