最近、女性を対象にした講演会やセミナーの講師に呼ばれると、「シングルマザーが増えたなぁ」と感じることが多くなりました。講演後の質疑応答や、受講者との懇親会で「私はシングルマザーなんですけど……」と前置きした上で、会社や世間から注がれる“まなざし”の厳しさを訴える女性が相当数存在するのです。

社会からの“まなざし”の厳しさを訴えるシングルマザーがたくさんいる(写真提供:ゲッティイメージズ)

 総務省によれば、シングルマザーの総数は約110万人(2015年時点)で、世帯の区分別にみると、他の家族とは一緒に住んでいない「母子世帯」が75万5000人と全体の7割強を占めています。

 年齢別では「40~44歳」が28.5%と最も多く、次いで「35~39歳」(21.7%)、「45~49歳」(18.2%)と、比較的高めであることが分かります。

写真を拡大 年齢別のシングルマザー数(出典:総務省統計研究研修所「シングル・マザーの最近の状況(2015 年)」)

 また、シングルマザーの数は2000年から05年にかけて増加したものの、それ以降はほとんど変わっていません。しかしながら、「未婚のシングルマザー」に限ってみると……。

写真を拡大 未婚のシングルマザー数の推移(出典:総務省統計研究研修所「シングル・マザーの最近の状況(2015 年)」)

 ご覧の通り、00年に約6万3000人だったのが15年には約17万7000人となり、3倍近くに急増しているのです。

 実は私が「最近増えたな」と実感しているのが、まさにこの「選択的シングルマザー」たち。経済的にも精神的にも自立していて、結婚せず母親になることを選択した“ワーママ”です。